なぜセラミド2配合のクリームが選ばれるの?

「セラミド2」は、肌に存在するセラミドと、同じ構造のセラミドです。
肌の中に存在する「細胞間脂質」とは、細胞と細胞の間に存在するもので、肌内部からの水分蒸発を抑える役割と、外部からの刺激などを阻止する役割を担っています。よく言う、バリア機能というものです。細胞間脂質が不足すると、バリア機能が衰え、乾燥しやすい肌になります。
そして、この細胞間脂質の50%は、「セラミド」でできています。セラミドは、加齢や肌炎症などによって、減ってしまいます。そうなると、肌に弾力が保てなくなり、ハリが失われ、しわを作る原因ともなるのです。よって、健やかな保湿肌を保つためには、減っていくセラミドを補っていくことがとても重要です。
セラミドにはいくつか種類がありますが、その中で最も保湿効果の高いセラミドが「セラミド2」なんです。高濃度で、ナノ化されているセラミド2配合のクリームがとてもおすすめだといえます。では、クリームを選ぶポイントをもう少し説明してみましょう。